弱腰・軟弱・全方位・土下座・屈辱外交の極み戦後史と共産主義の跳梁跋扈

2010年09月27日

蛆虫・共産党に常識は通用しないのは日本も支那も同じ

 尖閣諸島での漁船衝突事件で、中共の恫喝に屈し、逮捕・拘留した支那人船長を処分保留で釈放したことは弱腰外交の極みであり、外交史上最大級の屈辱である。

 中共は船長の釈放を以て「日本への勝利だ」とし、大いに自己満足に浸っているが、一方で主権侵害は国際的な信用が失墜したのも確かだろう。

 孔子の第75代直系子孫で日中関係評論家の孔健氏曰く、日本人と支那人の「謝罪」に対する文化は大きく違うと言う。

 日本人の「御詫び」は自分のメンツを保つ方法の一つで、許しを乞うことで、その人のイメージや尊厳を回復させることが出来るが、支那人にとって謝ることは、メンツを失う行為であり、例え自らの過ちを分かっていても絶対に謝らない。

 支那人にとって謝罪とは、勝ち負けそのもので、謝ってしまったら負けなのだ。「死不認錯(死んでも非を認めない)」という彼らの国民性は日本人には理解し難い。自己正当化の為に、詭弁や計略は非常に発達している(詭計多端)。「移花接木(議論の掏り替え)」も最も得意とするところだろう。

 何でも他人の所為にし、口から出るのは嘘ばかり(信口開河)。支那人と付き合う上で「死不認錯」「移花接木」「信口開河」「詭計多端」といった、支那人の本性を理解することは大事なことなのだ。

 安易に謝罪したり、御詫びをしたところで何ら解決はしないばかりか、ここぞとばかりツケ上がって無理難題を畳み掛けて来るのは目に見えている。

 石原都知事は中共政府をヤクザ国家と揶揄したが快哉だ。ヤクザに安易に「謝罪」や「詫び」をしたら、散々な目に遭うのは理解出来るだろう。

 中華人民共和国は共産党一党独裁のヤクザ国家で、共産主義者に日本的美徳は通用しない。強かに利用されるのがオチだ。

 未だ共産主義を最高原理として崇め、神や仏という共産主義を超える最高の存在を許さず、人民には信仰の自由、集会、結社、出版、言論等々基本的人権が無い。

 こんな蛆虫国家と「友好」だとか「互恵」などとは御笑い種で、「東アジア大交流時代」「観光立国」なんぞクソ喰らえだ。成金趣味の支那人を、査証(ビザ)を簡素化してまで来日させる必要無し。

 満州、内蒙古、チベット、新疆の異民族を虐殺し土地を奪い、共産主義と漢民族化を強制し、清朝時代の最大版図を「歴史的領土」と主張し、尖閣諸島や東シナ海、南シナ海をも併呑しようする中国共産党こそ、最大の「帝国主義国」だということを肝に銘じて対中外交を行うべきである。

 日本国内に巣食う、漢族や蛆虫・共産党、日教組等の共産主義勢力を一掃しよう。

cordial8317 at 13:03
弱腰・軟弱・全方位・土下座・屈辱外交の極み戦後史と共産主義の跳梁跋扈