支那人よ、先ずは便所を整えてからモノを言え!蛆虫・共産党に常識は通用しないのは日本も支那も同じ

2010年09月25日

弱腰・軟弱・全方位・土下座・屈辱外交の極み

 尖閣諸島沖での漁船衝突事件は支那人の凶暴性と無法ぶりを示すテロ行為であり、中共の圧力に屈し処分保留で釈放したことは弱腰・軟弱・全方位・土下座・屈辱外交の極みであり、世界に日本の国家主権の御粗末さを曝したと言えよう。

 領土主権に対する明確な証拠と処罰の基準を、支那や世界に示す絶好のチャンスだったが、全てが後手後手で、問題を拗らせた挙句に、中共の圧力に屈した今回の判断は「脅かせば譲歩する」という悪しき前例を残したのは間違いない。

 今後、支那を始め、韓国、北朝鮮、ロシアによる領海侵犯や事件が勃発するであろうことは火を見るより明らかで、領海侵犯や領土侵略には戦争をしてでも死守するという世界の常識を見習って欲しいものだ。

 尖閣諸島や竹島、北方領土の主権侵害は、戦後、歴代の政府、国会が領土主張を疎かにして来た結果だが、与野党入り乱れての責任の擦り合いは見苦しいばかり。

 今回の漁船衝突事件は、支那漁船が海上保安庁の巡視船に接触し、更に別の巡視船に体当たりした挙句に逃走を謀ったものだ。漁船の無法ぶりや逮捕の必要性を、ビデオ公開や法律を示して毅然と処理すれば、支那の対応も違ったものになっただろう。

 海上保安庁は、度重なる支那国籍と見られる漁船の違法操業に業を煮やし、危機感を募らせた海上保安部が、国益と今後の違法操業に警鐘を鳴らす意味で逮捕したのだろうが、処分保留の決定に涙を呑んだ保安官も多いだろう。今回の決定に怯むことなく堂々と国土の防衛と安全に邁進して頂きたいものだ。

 韓国でさえ、頻発する違法操業の支那漁船を拿捕し、法に従って粛々と罰金刑等を科しているが、それで中共政府や支那人が猛反発し、対抗措置や報復と言う様な事態には至っていない。如何に日本が支那人にナメラレているかが分かる。

 前原や仙石は偉そうに「日本の法律に従って粛々と措置する」と宣いながら、結局最後は政治的判断で司法に責任転嫁したのは明らかで、今後の日中関係は互恵や友好どころか更に悪化の一途を辿るのは間違いない。

 釈放を決めた那覇地検は「我が国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と詭弁を弄した。法と証拠に基いて捜査しなくてはならない検察が、外交問題に介入し政治判断したことは本末転倒で、法律家として恥を知れと言いたい。

 厚生省の文書偽造事件を巡る押収資料の改竄事件然り、今や地に堕ちた司法への国民の信頼は今後益々薄れて行くだろう。

 国際環境が激変した時のみ動くものが領土問題である。北方領土や竹島を取り戻す機会が到来したと同時に、それはまた尖閣諸島を奪われる危機でもあるのだ。

 今回の漁船衝突事件を契機に、政府・国会は一致して北方領土の奪還、竹島の帰属、尖閣諸島の領土主権を確立し、領土は国家の主権で有る。

cordial8317 at 10:14
支那人よ、先ずは便所を整えてからモノを言え!蛆虫・共産党に常識は通用しないのは日本も支那も同じ