シナ人への「査証(ビザ)簡素化」を取り消せ!漁船衝突事故は弱腰・軟弱・全方位・土下座・屈辱外交の極み

2010年09月24日

シナ人よ、先ずは便所を整えてからモノを言え!

 尖閣諸島での漁船衝突事件以来「公務執行妨害」で検挙された船長の即時釈放を求め、中共の強硬姿勢は目に余る。温家宝が国連総会で訪れたニューヨークで、恰も国連で演説してるかの様に小芝居を打ったのには、流石に狡猾と言う他ない。

 我が国も具体的に証拠を示し反論しなければ中共の言い分は既成事実化するだろう。外交では言葉足らずの日本的美風は通用しない。口先も大事な事なのだ。

 地方自治体や民間レベルでも交流事業の中止や延期が相次ぎ、エコカーやハイテク製品の生産に不可欠な希少資源のレアエース(希土類)も禁輸されるという。

 過去にも靖國神社の参拝を巡り、中共の対日強行姿勢に屈し営利至上主義から中共に媚び諂い、支那の走狗と化した企業や政治家が相次いだが、領土は国の主権であり同じ轍を踏んではならない。尖閣諸島の事件は他国ならば実力行使する重要な問題で、日本の様な弱腰外交では何ら解決しないことを肝に銘じよ。

 漁船衝突の報復で、日本人の建設会社社員四人が軍事管理区域に侵入したとして拘束されたという。この社員等は、所謂「遺棄科学兵器」の関連事業を受注する準備の為に下見に来ていたという。この遺棄兵器処理事業はODAに代わる我が国からの朝貢外交の一環で行ったもので、即刻撤収すべき事業である。

 抑抑、科学兵器(毒ガス弾)は「遺棄」したものではなく、「接収」された武器というのが正しい。広辞苑には「遺棄」とは、「捨てること」「置き去りにすること」。一方の「接収」とは、「国家等が所有物を取り上げること」と在る。

 所謂「遺棄科学兵器」は、旧満州に駐屯した日本軍(関東軍)が残したものとされているが、明らかな誤解と誤謬であり、兵器は当時の毛沢東の共産軍(八路軍)と蒋介石の国民党軍が接収したもので、日本政府が処理費用を拠出する必要はない。

 中共政府は「毒ガス弾は日本軍が遺棄した兵器だ」と主張し、その処理と被害の補償を日本政府に要求したが、問題の兵器は戦後に中共側が旧ソ連から継承したもので、その管理責任が中共政府に有る事は歴史的経緯からして明らかである。

 日本軍(関東軍)は昭和20年8月9日に日ソ中立条約を一方的に破って満州に侵攻し、暴虐の限りを尽した旧ソ連軍に降伏し武装解除されたのであり、日本軍は兵器を「遺棄」したのではなく、旧ソ連軍に「接収」されたというのが事実だ。

 兵器というのは継承された瞬間から国際法上管理責任は継承した国に在る。つまり責任は中共に有り、日本が本来責任を取る謂れはないのだが、遺棄科学兵器の処理費用はODAに代わる、中共の強請りの打出の小槌だから離さないだけ。

 連日垂れ流されるシナ人の傲慢さにはうんざりする。日本人を見下して礼節も何もない。尤も便所の普及率が4割にも満たない国家が、日本に講釈を垂れるなど百年早い。「衣食足りて礼節を知る」というが、先ずは便所を整えてからモノを言え!

cordial8317 at 09:23
シナ人への「査証(ビザ)簡素化」を取り消せ!漁船衝突事故は弱腰・軟弱・全方位・土下座・屈辱外交の極み