ゴキブリ並みに殖え続けるシナ人の蚕食を防ぐ手立てはないのか日中友好などクソ喰らえ!

2010年05月21日

口蹄疫の被害拡大の原因は赤松の外遊と政治主導という妄想である

 口蹄疫が此処まで感染が拡大した原因は赤松の外遊に因るところが大きい。口蹄疫が発生していたにも拘らず、憧れのカストロに逢いに行く為に外遊を優先し、外遊先ではゴルフ三昧だったという。ゴルフで辞任に追い込まれた人物で思い出されるのは森喜朗元総理。その後の「神の国」発言がバッシングを受けて辞任した。

 平成13年2月10日、ハワイ沖で「えひめ丸」が米国海軍の原子力潜水艦に衝突され、日本人9名が亡くなった。この一報を受けた森がゴルフ場で聞いたにも拘らずプレーを続け、危機管理の意識が欠落していると総理辞任に至る要因になった。

 今回の赤松の外遊にしろ行動や帰国後の言い訳を聞いてみても、森元首相以上に危機管理意識が皆無で、村山富市の阪神大震災時の救助の遅れを彷彿させるものだ。

 鳩山は「責任論よりも迅速な措置を取ることだ」と言うが、今更迅速な措置でもあるまい。先ずは赤松を更迭すべきで、民主党の対応の杜撰さには厭きれるばかり。

 平野官房長官は、「指示が無く、事務方が動けなかった」と赤松を擁護し詭弁を弄しているが、民主党の「政治主導」は何処へ行ったのか。官僚体制を打破し、政治主導に戻すと言いながら「事務方が動けなかった」とは開いた口が塞がらない。

 鳩山政権の迷走は、正に御粗末な政治主導の結果であろう。官僚や事務方を主導出来る能力が無いにも拘らず、描餅の如くに政治主導を訴え「内閣の一元化」の方針を掲げては見たが、民主党の取り組む政策は全て看板倒れに終わっている。

 政治主導とは、官僚任せではなく、民意を享けた政治家が主導権を握ると言う意味合いで使われる。一見聞こえは良いが、これは日本の政治にはそぐわなない。

 政治主導をしている米国を見ても、賞賛には値するものではない。自民党政権下でも、明らかに政治主導であった。経済財政諮問会議や規制改革会議が、米国の要求に沿って官僚の頭越しに我が国の経済や社会の構造を変えて行ったのは事実。

 その結果、主要国が経済成長を遂げる中で我が国だけが緊縮財政に因るデフレ不況を続け、地方は疲弊し、雇用が破綻し、自殺大国に堕ちてしまった。

  政治家よりも政策に関する専門知識や見識は官僚には敵わない。子供時代からあらゆる試験を潜り抜けて来た最優秀の頭脳集団と言っても過言ではない。

 小泉チルドレンや小沢チルドレンや次期参院選の候補者らに見られる様に、議員になるまで国政とは何の関係もないズブの素人よりも遥かに日本の為になる。

 無法な天下りを規制することや官僚に有りがちな倣岸不遜な態度を戒めるのは結構だが、排除や叩き潰すことが本来の目的ではない。官僚は政治家の様に世襲という訳には行かず、親が官僚でも全て試験に合格しなければならないのだ。政治家は、こうした官僚を上手に使うことが大事だが、世襲議員にその能力は無い。

 その点、議員は御気楽で、政治的良識や能力が皆無でも当選出来る。世襲を全て否定するものではないが、世襲議員の所為で政治に情熱を持つ優秀な人材が政界では育たない。政治家も官僚の天下り先となっているのだから然もありなん。

 今や選挙に必要な「地盤・看板。カバン」が無くければ当選は出来ない状況であり、その逆を考えれば馴れ合い政治家の力量は何年経とうが進歩はないということだ。当選しても、考えることは政策よりは次の選挙のことばかり。

「政治家は次の世代の事を考える。政治屋は次の選挙の事を考える」との言葉が有るが、その政治屋の代表格が小沢一郎だろう。小沢が画策した政策の一元化は政治主導を構築する為のものだった。その結果が普天間問題に散見する安全保障や外交政策の迷走・混迷ぶりであり、口蹄疫の被害の拡大もまた同じである。

cordial8317 at 05:12
ゴキブリ並みに殖え続けるシナ人の蚕食を防ぐ手立てはないのか日中友好などクソ喰らえ!