福島民報新聞「みんなのひろば」昭和20年3月10日、東京大空襲

2010年03月10日

日米密約説を暴いたところでどうするの

 我が国は国家の防衛という国家百年の大計を放棄し米国に依存している歪な体制を取っている訳で、それが嫌なら憲法を見直し、日米安保を破棄しGNP1%以内という防衛費を増大し、自らの国は自ら守るという普通の国になれば好いだけ。

 日本政府は「非核三原則」を掲げてはいたが、余程のバカではない限り、日本の安全は米国の核の傘が守ってくれているものだということは暗黙の了解。

 これを「持ち込ませない」だとか「寄航もダメ」と批判しながら、一方で「日本を守って下さい」などというのは余りにも都合が好過ぎるというものだろう。

 昭和35年の日米安全保障条約改定に際して、当時の藤山外務大臣は核兵器を搭載した艦船や航空機の寄港、通過は事前協議の対象にしないことを申し合わせており、その「討議録」は既に米国で公開され明らかになっている。

 既に明らかになっている極めて当然のことを「密約説」として「非核三原則」に反するとして大騒ぎし、これを公表し、大騒ぎしているのだから呆れ果てる。

 我が国の近隣諸国は、中共や韓国、北朝鮮と危険な国ばかりで、これらの脅威に対抗する安全保障措置として米国の核の傘以外の何か存在するというのだろうか。この非常識な言行を、近隣の腹黒い国はほくそ笑んでいるに違いない。

 冷戦時代、日本の平和が続いたのは別に平和憲法のお陰ではなく、米国の「核」の力に拠るものと、単なる偶然だった訳だが、平和に貢献した米国の核の持込まで暴いて糾弾しようとは正気の沙汰とは思えない。

 この密約説に狂奔する連中の一連の行動は、日本の国益に適う物だとは到底思えないし、正に危機感が自覚皆無な「平和ボケ」の象徴である。

「平和ボケ」という言葉は高度成長からバブル時代にかけて、金儲けや飽食に狂奔してきた世相や、空想的平和論を弄び、米国の核には反対しても、支那やロシアの書くには反対したことも無い左翼運動家を揶揄したものだ。

 鳩山由紀夫や岡田克也も同じく「平和ボケ」そのものだ。 自らの国の「平和」を自ら創り出すという、当たり前の国になる日は来るのだろうか。

cordial8317 at 07:32

この記事へのコメント

2. Posted by 爆発五郎   2010年03月11日 06:44
中年の星さん、いつも拙ブログにコメント有難うございます。

岡田克也の顔の崩れ様は尋常じゃ有りませんね。
あの、貧乏神の様な面を見ると、こっちまで暗くなります。
福島瑞穂もそうですが、日本を貶めるのに必死な連中に共通するのは醜い顔です。
1. Posted by 中年の星   2010年03月10日 11:20
爆発五郎様
岡田克也が鬼の首でも取ったかのような、
誇らしげな顔をしてましたね。
「密約」を暴いたヒーローとでも思っているので
しょうか。
「平和ボケ」ここに極まれりです。
福島民報新聞「みんなのひろば」昭和20年3月10日、東京大空襲