卑しい思想と狂気の正気捕鯨問題を考える

2010年01月17日

天網恢恢疎にして漏らさず

ブログランキング 政治

 東京地検は「政治資金規正法は議会制民主主義の根幹を成す法律。政治資金の実態を偽ることは、国民を欺いて政治判断を歪めることに他ならない」と強調していただけに今回の逮捕は当然だろう。

 それに対し小沢は検察との全面対決を表明し、党大会で「何ら不正な金は使っていない。積み立ててきた個人の資金だ」と説明した様だが、何故預金を担保に融資を受けなければならなかったのか。預金が有るなら、それで購入すれば良いだけで、何も利息を払ってまで融資を受ける必要はない。やはりそこには「マネーロンダリング」せざるを得ない、怪しい金の存在が有ったのだろう。

 鳩山が小沢に対し「どうぞ戦って下さい」と言ったらしいが、民主党が真剣に政権運営に臨むので有れば、小沢に幹事長辞任を進言すべきであろう。しかし民主党は、自己保身、権力欲、偽善者の烏合の衆ばかりで、苦言を呈する気骨ある議員はおらず、国民には「自浄能力の無さ」「政権担当能力の無さ」を露呈するばかりだ。

 『秘書の罪は議員の罪』と厳しく追求してきた鳩山も先日の処分の際に、『私服を肥やしたり不正な利得を受けたりした訳ではない』などと言い訳していたが、小沢も『私自身が収賄罪等犯罪に手を染めているならどのような捜査でも処罰でも甘んじて受けるが、そういう事実はない』と宣い、両人とも自分自身には相当甘い様だ。鳩山や小沢が政治家の椅子に固執すればするほど、国民の民主党離れは進むだろう。

 政治資金規正法違反は選挙違反の公職選挙法とは違い「連座制」が適用されないが、今回の事件を教訓に政治資金規正法違反にも「連座制」の適用を検討するべきだ。 

 福沢諭吉の『学問のすすめ』には「政治家や役人や大企業の人間が威張るのは、そうさせることによって儲けた人々がいるからであり、これは双方とも高尚な生き方とは反対の生き方をした人が招いたことである」と述べているが、民主党を支持した国民は、責任を持って不正に苦言を呈すべきで、政治家自身も「政治とは最高の倫理であり、最高の道徳ある」と肝に銘じ滅私奉公すべきである。

 小沢は「政治家が隗(カイ)より始めよ!」との言葉が好きで度々使っているが、「隗より始めよ」とは、遠大な事をするには手近なことから始めよ(転じて、事を始めるには先ず自分自身が着手せよ)という「戦国策燕策」にある郭隗の故事である。

 ならば一連の事件に絡み、秘書に総ての責任を押し付け逃げ切れると思ってる高を括っている様だが、政治家として「秘書の責任は私が負う」と一言が言えないのだろう。「隗より始めよ」との言葉が実に白々しく感じる。金銭欲、権力欲への異常な執着を見せる小沢に一国のリーダーたる器量はない。検察は圧力に屈することなく、小沢の宣戦布告に堂々と立ち向かい、不正を断罪し、正義を示して欲しいものだ。

 天網恢恢疎にして漏らさず!



cordial8317 at 07:33
卑しい思想と狂気の正気捕鯨問題を考える