危険を孕んだ参政権付与問題徒然なるままに

2010年01月13日

「通名」使用を禁止せよ!

 鳩山が永住外国人への参政権付与法案を今度の通常国会に政府提案するというが、狂気の沙汰と言う外ない。その理由も「日韓併合百年というタイミングでもある」と詭弁を弄しているが、党内の意見も国民の理解を得られないと、マニュフェストへの記載を見送った筈の政策を何故強行に提出しようというのか。マニュフェストの目玉だった「子供手当て」や「高速道路の無料化」「暫定税率の廃止」という国民との約束を反古にして措きながら、参政権の付与、夫婦別姓の成立への異常な姿こそが民主党の正体であろう。

 「参政権付与」「夫婦別姓」成立の後は、慰安婦への「戦時性的強制被害者法案」や靖国神社に代わる「国立戦没者追悼施設」の建立やら「外国人住民基本法案」「人権救済機関設置」「日教組主導の教育政策の実施」と国民へ知らせなかった反日的基本政策の成立を急ぎ、正に選挙公約だった「政権交代で日本を変える」という大目標を達成しようとするのだろうが、断じて阻止せねばなるまい。

 話を戻すが、日本に寄生しながら、反日的な発言や行動を繰り返す「在日朝鮮人」は自分達の素性が明かされる事に、恐怖と後ろめたさを持つ様だ。『通名』で通すのは、日本人に成りすました方が悪さするのも便利で、疚しい事が多過ぎるから本名を名乗れないのだけなのだが、その理由を『自分達が「在日朝鮮人」であるとカミングアウトし辛いのは、差別意識を持つ日本人にこそ問題があるからだ』と必ず責任転嫁する。

 そりゃ嫌われるのも当たり前で、自分達は「強制連行された」と嘘を吐き通し、だから特別待遇されて当然で、それをしない日本は「差別だ!」と宣う。「日本人」のフリをしているが、彼等は「韓国籍」を持つ由緒正しいガイジンなのだ。そこを彼等も日本人も弁えるべきだろう。外国人が日本人と全く同等の権利を主張するなど、有り得ない事なのだ。しかし、彼等「在日朝鮮人」は違う。日本に住まわせて貰っている事への感謝もせず、「生活保護をヨコセ」「参政権もヨコセ」等々、理不尽な権利ばかりを要求する。挙句、その要求が適わなかったら「差別だ」「強制連行だ」と騒ぎ立てるのは常套手段で、やりたい放題し放題。

 戦後、日本は「在日朝鮮人」に対して、あまりにも対応が甘くあらゆる特権を与え過ぎた様だ。

 民主党や公明党、社民党の売国議員共が、永住外国人への「参政権」を与えようと数の力で強行突破を図るというなら、我々も最大限の抵抗は惜しまないが、参政権付与の前に、先ずは「在日朝鮮人」も「支那人」も普通の外国人として取り扱うべきで、日本人とチョーセンジン、シナジンの区別を付ける為にも、先ず『通名』の使用を禁止させるべきである。

 『通名禁止法案』を成立させよう!



cordial8317 at 09:02
危険を孕んだ参政権付与問題徒然なるままに