2012年06月

2012年06月25日

停電は日本を救う!呵呵大笑!

 昨日は釣友の哲ちゃんと三週続けての実川での釣行を愉しんだ。釣りや登山は性格が出るもので、昨日は哲ちゃんが友人を連れて来たのだが、その友人は崖を下りるのも​、竿を出すのも、ポイントを移動するのも早い早い(笑;

 ポイントを移動する為に登山口まで行くと、大粒の汗と全身​から湧き出る湯気の若者が「は~、疲れた~」と、その声とは正​反対の爽やかな笑顔で接して来た。

「飯豊山には一人で?」「ハイ、昨日の朝から登って途中で一泊して​帰って来ました」「何キロ背負ってるの?」「ええと、今日は20キ​ロです」と、中身に興味津々の愚生はバーナーやらツェルトやら色​々見せて貰った。

 登山の専門家らしい彼から得たものは多かった。団体時代には、奈良の修験の山、大峰山・金剛峰寺に参拝する為に何度か登ったことがある。総員20​人程度で、3名ずつグループを作り登のだが、これがホント面白い様に​性格が分かる。

 同行者など関係なく自分勝手に歩いているヤツ。遅い人の​ペースに合わせて気を遣えるヤツ。どこまでもマイペースなヤツ、最​初の頃だけ元気なヤツと色々だ。高が遊びや趣味でも周りには性格を見抜かれてるかも知れませんぞ。

 一昨日は「沖縄戦終結の日」で、沖縄県内は追悼ムード一色だった。野田総理や関係者の挨拶を聞いてはみても沖縄の方々の悲劇ばかりで、沖縄戦で亡くなられた特攻隊を始めとした英霊への感謝の言葉は聞こえて来ないのは何故なのだろう。

 特殊潜航艇、回天魚雷、空挺特攻、対戦​車特攻、震洋特攻艇、陸軍海上特攻が行われ、鹿屋基地(海軍航空)からの特攻で1981名、知覧基地(陸軍航​空)からの特攻で1021名の合わせて3002名の​実に76%が沖縄戦で亡くなっている。

 こうしたことを語らずして真の平和は生まれまい。マスコミの一部分だけ切り貼りしたくだらないインチキ平和論的偏向報道にはうんざりだ。

 テレビっってのは何事も公正に報じなければならないが、どう見て​も公正ではない。何か問題が持ち上がるとその萌芽は日本に在ると騒ぎ、何でも​腐した挙句に、然も自分達の幼稚な正義を押し​付ける構図はもう止めるべきだ。

 福島原発事故の影響で全国の原発再稼働は混迷の度を深め、電力確保に躍起になっているが、電力確保はテレビ局を輪番制にすれば済むことではないか​。

 例えば月曜日はNHK、火曜日は日テレ、水曜日は・・・ ってな感じ​で好いだろう。どのチャンネルも同じ様な内容の垂れ流しばかりだし。

 それで、夜9時になったら消灯すりゃ好いよ。昔、アメリカで大停​電が起きたが、翌年にはベビーブームが到来した。福島県でも昭和59年頃だっただろうか、大雪で​停電が起こった年があるが、翌年生まれの子供は多い(笑)

 電力が足りないなら、何も無理して確保しなくても停電でいいんじゃね~の。愚生が子供時代の昭和の40年代頃に​はしょっちゅう停電していた。

 ロウソクを立てながらの食事もい​いものだ。人間暗くなりゃ寝るしかないし、やることがないと考えることは同じ。2、3年すりゃ電力の問​題もクリアするだろうし、何より少子化問題も解決するっての。呵​呵大笑。

cordial8317 at 09:19|PermalinkComments(1)

2012年06月21日

日本はアジアの希望の星だった!

 昨日のブログでアップしたイスラエル軍の強さは誰もが認める​ところだろうが、意外と思うだろうがイスラエル同様に強い国がベトナムだという。イスラエル軍の様な最新鋭の武器は無いが、ベトナム人の国防意識は世界でも屈指だ。

「清仏戦争」に負けた清は賠償の一部として朝貢していたベトナムをフランス​に差し出す。ベトナムのファン・ボウ・チャウは新しい宗主国を探しに日本を訪れる。当時​の日本は、フランスよりも強いロシアと戦争中で、そして勝利する。

 ファンはその衝撃を「この時に当って東風一陣、人をして爽快足らしめる事件が起きた。日露戦役は我々の頭脳に一新世界を開かしめた」と記している。

 犬養毅に拝喝したファン・ボイ・チャウは、「朝貢もするから、軍を出してフランス人ど​もを追い出して欲しい」と懇願するも犬養はチャウにこう諭す。

「自分の国は自分で守るものだ。日本はその為には協​力を惜しまないが、自分は何もしないで他人に血を流して貰おうと​いうのは料簡が違う」

 犬養の言葉にファンは恥入り、祖国ベトナムから将来を担う若者らを呼んで日本で学ばせる。先ずは世界を知り​、そして戦い方を知る。ベトナムの悲運とも言える抵抗運動は当時の日本に学んだところが大きいのだ。

 ベトナムは先ずフランスと干戈を交え、そして勝利する。更に米国と戦い、此れも追い出し、序に背後から攻め入る中共の​傀儡政権ポルポト派を倒した。

 これに怒った中共は人民解放軍を送り込むも​、ベトナムはこてんぱんにやっつけた。鄧小平はこの「中越紛争」での惨敗から人民解放軍の近代化を謀り、軍拡路線に路線変更し軍事を背景にした施策を定着させるに至った。

 軍事力を背景に周辺諸国を弾圧してる現在の中共を見る時、果たしてベトナムに戦い方を教えたのは好かったのだろうかと考えてしまう。中国共産党がすんなりとベトナムに勝利したなら現在の様な中国共産党ではなかったかも知れない。

 ベトナムはフランス、米国、中共という強敵を全て破った唯一の国であり、イスラエル軍の様な最新鋭の武器が無くとも、国を想う心とベトナム国民の意気の高さと気概が強さに繋がるという証明をしたとも言えるだろう。

 最近でも、南沙諸島で中共の軍艦がベトナム漁船に発砲し負傷者が​出ると、べトナムはトンキン湾に入り込んだ支那漁船団を襲撃し、​きっちりと仕返しした。

 実に立派に成長したベトナムだが、方やその恩師の日本はというと​、支那の漁船に衝突されても何も出来ず、尖閣列島や竹島、北方領土で主権を侵されながら拱手傍観し、米国依存のまやかしの平和を貪ってい​る。

「自分の国は自分で守るものだ。自分は何もしないで他人に血を流して貰おうというのは料簡違いだ」との犬養の台詞が空しく響く。

cordial8317 at 05:32|PermalinkComments(0)

2012年06月20日

出でよ平成の思想家よ、悩める右翼を導き給え!

 ヤクザ、右翼ファン御用達の某月刊誌を立ち読みしてみた。グラビアには鈴木邦男が田原総一郎や左翼の面々が「暴力団排除条例」の問題で「人権がどうの」「憲法がこうの」と能書きを垂れてたが、時代遅れの感は否めない。

 鈴木邦男は右翼側と思われているが、自著「言論の覚悟」で左翼転向宣言した人物であり、胡散臭げな左翼言論人と意見が一致するのは当然だろう。

 右翼団体の最近の運動は「暴排条例撤廃」が中心だというから驚くというより厭きれた。右翼の多くがヤクザとのとつながりがあるのは承知しているが、宣伝車で大声で訴えてりゃ却って逆効果だと思うし、ヤクザも迷惑だろう(笑)

 こうした問題は右翼の主体とする運動ではないと思うのだが、訳が分からん。悩める右翼を導き煽動してくれる思想家は出ないものだろうか。

 ヤクザを取り上げ営利に奔る雑誌屋にしてみれば「暴排条例」は大問題だろうが、ヤクザに向かって「私たちは反対してますよ」ってなポーズにしか見えない。

 暴排条例は人権侵害というが、この条例があるから現行犯逮捕が無くなったのも確かだろう。例えば、スナックにみかじめ料を要求しても中止命令で終わり。昔だったら警察呼ばれて、恐喝や恐喝未遂で現行犯逮捕だろうに(笑)

 人権が無かったら裁判も受けられないが、裁判を受けられるし弁護士も選び放題だ。警察権力や国家権力と社会的正義を訴える勢力との争いの構図らしいが、どう見ても右翼がヤクザに利用されている感は否めない。

「今度、ウチの雑誌にオタクの団体を載せようと思うんだが、派手なパフォーマンス頼みますよ」と記者。それに右翼が「了解~♪」って応える感じだろうか。

 鈴木邦夫が左翼転向を宣言しても未だ「一水会」の相談役だか顧問に納まっているのは解せないが、代表の木村三浩もその雑誌に載っていた。写真に納まり、記者に語った内容は衒学臭さと胡散臭さが漂っていたのは穿ち過ぎだからか。

 木村自身、上昇志向が強いのか最近は品善く納まり過ぎて、極貧に喘ぎながらも純粋で行動派だった頃の無鉄砲さは感じない。淋しいものだ。

 ただ、現在の右翼の中で一番演説が上手いと思っている長谷川光良が載っていたのは好かった。記事も長谷川氏のダミ声が聞こえてきそうで、弁舌豊かな上にシャレが利いていた実に分かり易い内容だった。

 長谷川氏は見掛けはあの通りだが、声も耳障りも好いし、落語家なみの話しっぷりは聞いてても心地好い。「暴排条例」の話にしても田原や鈴木らの営業的言動とは比べものにならないくらい説得力があった。

 最近の右翼の演説は当選不可能な政治家やインチキ評論家みたいな話しっぷりが多くて、長谷川光良氏の様なアジテーターが少なくなったなぁ。まぁ右翼人の端くれとして忌憚のない雑感を綴ってみた。呵呵大笑。

cordial8317 at 09:01|PermalinkComments(3)