2012年04月

2012年04月29日

昭和天皇の御遺徳を偲ぶ

 本日は、昭和天皇の御遺徳を偲ぶ「昭和の日」、昨日の「主権回復記念日」に続き慶賀が続く。未だ国内に、先帝陛下に対して「戦争責任」などとの戯言を垂れ流す日本人らしからぬ輩が存在するのは共産主義者の洗脳に因るものだ。

 自存自衛と大東亜の開放を掲げて戦われた先の大戦を、世界の国々は如何に評価し、どの様に受け止められているのか、一部だが列記してみよう。

「第二次世界大戦で、日本人は日本の為というよりも、寧ろ戦争によって利益を得た国々の為に偉大な歴史を残したと云わねばならない」(アーノルド・J・トインビー(イギリスの歴史学者))

「日本の敗戦、それは勿論東南アジア全域の独立運動には決定的な意味を持っていた」(ジョイス・C・レブラ(コロラド大歴史学教授)著書、東南アジアの開放と日本の遺産)

「日本占領軍が、インドネシア民族主義の為に行った種々の仕事の中で最も重要なものの一つは、正規軍や軍事組織を創設してそれに訓練を与えたことである」ジョージ・S・カナヘレ(政治学博士)

「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人で、日本は敗戦はしたが、その東亜の開放は実現した。日本の功績は偉大である」(サンティン、アムステルダム市長)

 タイの元首相・ククリットプラモードの「身を殺して仁を成した」という言葉は有名だが、他にもマレーシア上院議員のラジャー・ダト・ノンチックやインドのラダ・クリシュナン大統領、スリランカのジャヤワンルデ大統領、ビルマのバー・モウ首相、シンガポールのゴーチョクトン首相。キューバのカストロ首相やチェ・ゲバラも先の大戦を評価している。

 先の大戦を「侵略戦争」などとホザいているのは、共産党ら蛆虫は当然乍ら、米国の洗脳状態から目覚めることのない戦後民主主義者と称する無自覚左翼や、中共、韓国、北朝鮮ぐらいなものだ。

 我が国を讃えた外国人も数多く、「大日本」「日本精神」の著者モラエスや、日本の文学作品を残し、本当の日本を世界に伝えた小泉八雲(アフカディオ・ハーン)や、アーノルド・トインビーは伊勢神宮を参拝した際に、「この聖なる地域で、私は全ての宗教の根源的な統一を感じた」と喫驚した。

 米国のウエスト法学博士は、「私は、日本人になって天皇陛下に御使えしたい」と絶賛し、極東軍事裁判所だったウエップ裁判長は、「天皇は神だ。あれだけの試練を受けても帝位を維持しているのは神でなければ出来ない」と驚嘆している。

 熱心な平和主義者のアインシュタイン博士は日本への思いを次の様に述べている。

「世界の将来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返され、最後には戦いに疲れて必ず真の平和を求めて世界的盟主を挙げねばならぬ時が来る。(略)世界の文化はアジアに始まりアジアに帰り、それはアジアの高峰『日本』に立ち戻らねばならぬ。我々は神に感謝する。天が我等の為に日本という尊い国を創ってくれたことを」

 昭和天皇が御崩御なされた際、服喪国は34ヵ国に及んだ。大喪の礼には、世界193の国の元首や代表が集まったことは歴史上空前の出来事だった。嘗ての植民地民族にとって、正に昭和天皇は救世主であらされたのである。      

 天皇陛下萬歳!

cordial8317 at 04:40|PermalinkComments(0)

2012年04月28日

主権回復記念日に思う

 本日4月28日は、サンフランシスコ講和条約が発効し、独立国家としての主権を回復した日だ。本来ならば国民挙って御祝いする日でなければならないのだが、今日が主権を回復した日だということを知る国民は少ない。

 昭和27年同日、「日米平和(旧日米安保)条約」が発効され、昭和35年「日米の相互協力及び安全保障条約(新日米安保条約)」が発効したことに伴い旧条約は失効する。この事実こそ、戦後の日本の「国防」まやかしなのだ。

 国防無くして何が主権快復か。日米安保条約の存在が戦後の高度成長を助けたのは認めるが、それにいつまでも甘んじていてはならない。

 今こそ日米安保条約を見直し、現憲法を破棄し、自主憲法を制定し、国防体制を確立せねば完全な独立と主権の快復は成されない。

 主権が恢復し「日米平和条約」が締結された同日、我が国政府は、報恩感謝として中華民国(台湾)との「日華国交条約」を締結する。

 道義国家・日本として当然の行動だろう。だが、昭和47年9月29日、中国共産党と「日中国交正常化」がなされると「日華国交条約」を一方的に破棄した。この行為は明らかな憲法98条違反であり、決して許されざる蛮行だったのだ。

 我が国は悲しいことに「主権国家」どころか「道義国家」としても体を成していないというのが真相だろう。未だ日本が台湾を国家として認めないのは、この日華条約破棄が原因であり、日米安保体制同様、早々に見直すべきだ。

 締結した国際条約と日本国憲法が蹂躙されながら、これを批判するマスコミはおらず、「護憲」を唱える能天気な連中からも当然指摘はされていない。最早、日本国憲法は国の基本法としても不適格な代物でしかない。

 今日の祖国日本の惨憺たる現況は目を覆うばかり。政治の混乱と機能不全、経済の停滞と低迷、社会の沈滞と頽廃と戦後の諸矛盾が一気に噴出した。

 この重苦しい閉塞感が日本全体を覆い更には東日本大震災と原発事故。この大震災こそ神が与えた試練であり、日本再生への千載一遇の好機ではなかろうか。

 過去の大震災で犠牲となられた方々や、日清・日露戦争や大東亜戦争で祖国の礎となった英霊や先人達は、この国難ともいえる災禍に日本人がどうやって立ち向かって行くのか、その行く末を案じているに違いない。

 今こそ国民は心を一つにし、この国難に立ち向かい、日本の明るい未来の為にも、戦後体制の諸矛盾を洗い流し、真の主権回復と日本再生を図ろうではないか。

cordial8317 at 04:19|PermalinkComments(1)

2012年04月27日

小沢一郎への幻想を捨てよ!

「陸山会事件」で小沢一郎の「無罪」が言い渡された。元秘書ら三人が虚偽記載で有罪判決が下っているが、小沢の関与や共謀の証拠が乏しいというだけのこと。

 秘書らが無罪を主張し、最高裁まで争うつもりらしいが、秘書らの虚偽記入は有罪と断定されており、小沢の監督責任は重く、政治的、道義的責任は免れない。早々に政界を引退し、不動産屋にでもなった方がお似合いだ。

 小沢を語る上で、「不透明な政治資金疑惑」を切り離すことは出来ない。西松建設不正政治献金疑惑を始め、小沢の疑惑は枚挙に暇なし。

 今回の陸山会事件の他にも不動産購入疑惑。陸山会が合計10億3千万円相当の不動産を政治資金で買い漁り、しかもこれら全てが小沢個人名義になっている。

 国民からの血税である「政党助成金」などを駆使して、個人的な蓄財をしているのだが、これらについて小沢は白々しく、「私は陸山会所有の全ての不動産について如何なる権利も持っていない」と詭弁を弄している。

 小沢は政治資金の在り方に関し、自著「日本改造計画」で「政治資金の出入りを1円に至るまで全面的に公開し流れを完全に透明にすること」と提唱していた。

 更に、同時に罰則の強化も主張し、違反の言い逃れを封じる為に「連座制」を導入すべきとも訴えた。しかし現実には、この時、既に小沢は西松建設のダミー会社から献金を受け取っていたのだからこれだけフザけた話があるだろうか。

 政治献金について自著「語る」で「僕は、天下国家の為にお使い下さいという資金の提供は、百円でも千円でも有難く頂戴するけれども、何かの対価として見返りを求める様なカネは貰う気はないし、そういう心構えの人と今迄付き合ったことはない。だから僕自身には何もワーワー言われる問題は無いんです」と述べている。

 民主党では「政治資金の透明化」「政治資金規制の強化」を掲げてはいるが、「政治資金による個人蓄財の禁止」は明記していない。収支報告書の開示や領収書の保存などを挙げながら、小沢が行った政治献金の大きな抜け穴に関しては全く手を打たないということだ。はっきり言えば手を打てないということに尽きる。

 注目すべきは、未だに疑惑になった政治資金を自分の懐に仕舞い込んだ儘なのだ。西松建設事件で問題になった3億円も、不動産疑惑で問題になった10億円以上の献金も、北朝鮮系の水谷建設からの1億円の闇献金も、新生党と自由党解党時の政党交付金23億円余りの金が、今以って小沢の手中に在る。

 小沢一郎について、国民は「剛腕」「壊し屋」というイメージが一般的だが、本当に小沢は「豪腕」なのだろうか。マスコミは、「細川内閣樹立」「自民党政権下野」などを、全てが小沢の功績かの様に報道し、印象操作をした。それに対し、小沢自身もそれを否定しないし、否定出来るほどの「口」もない。

 小沢は口下手で、気が小さく、当然に人前で話すのが苦手だから真意が伝わらない。政治家としては致命傷となることが、小沢の場合、マスコミと国民が誇張した「剛腕」というイメージからか、「恐らく裏があるのではないか」「話せない事情があるに違いない」と、小沢のイメージを増幅するカタチになってしまう(笑)

「小沢一郎ならやってくれるに違いない」との期待は、マスコミの作った幻想でしかない。小沢が国家国民の為に何をやってくれたというのか。

 政治とは最高の倫理であり、最高の道徳でなければならないのだが、その倫理も道徳も、国家観も欠落している小沢に、政治家としての資格はない。小沢一郎よ、自らの不徳を恥じ、政界から引退しなさいな。

cordial8317 at 06:51|PermalinkComments(2)

2012年04月12日

右翼団体の活動はどうなっていくのだろう・・・

 国士舘大学入学以来所属していた行動右翼のパイオニアを自任する防共挺身隊を退いて約三年、地方で蟄居しながらも右翼団体の行動は気に掛けて来た。

 右翼の現状を贔屓目に見ても活動自体がマンネリ化し、停滞している感は否めない。原因は活動資金不足と幹部の指導力の無さだろうか。

 右翼からすれば世間の見方など一々気にしてたらやってられないだろうが、ネット上では、街宣右翼は「朝鮮右翼」と断じられ、既成右翼は祖国日本や国旗・日の丸、国歌。君が代を貶めるのに躍起なのは朝鮮人だからだ断定されている。

 昔の右翼の様に「一殺多生」というなら兎も角として、昨今の右翼団体の活動が街頭演説中心の「啓蒙活動」が主な活動ならばその活動方法も一考すべきだろう。

 右翼活動も目にするのは、「実話ドキュメント」とか「実話時報」などのマニア向けの雑誌くらいなもので、勧善懲悪とか破邪顕正の活動というより、何か雑誌に載りたいが為にパフォーマンスしている様にも感じてならない。

 右翼活動の一環でmixiやTwitter、facebookなどのSNSやブログなどを利用している人もいる。愚生もやってはいるが自称愛国者には受け売りの難しい文章が多く、仲間内だけで一喜一憂している感じで、これが啓蒙活動とは嗤うしかない。

 愚生はもう右翼団体員ではないし右翼に対する風評など気にする必要もないのだが、ネットで「街宣右翼は朝鮮右翼」などという妄言を目にする毎に、元防挺幹部としてメラメラと怒りが込み上げてくるのも正直なところ。

 そうした右翼団体に対する妄言をアップした輩に意見し、苦言を呈してはいるが、そうした偽情報に洗脳された連中は全く耳を貸そうともしない。

 ユーチューブなどで悪意的に編集された画像を鵜呑みにし、既成右翼を「朝鮮右翼」などと批判しているのは左翼陣営ではなく、ネット右翼が多い。ネット右翼らは街宣右翼とは違うホンモノの愛国者だと勘違いしているのが可愛いらしい。

 今や国内では保守ブームらしいが、こういう俄保守を「阿保守」と言うらしい。「保守に阿る」とは上手く名付けるものだ。

 元街宣右翼ではあるが既成右翼を全面的に擁護する気も全くない。だが、ネット右翼も自称愛国者らも「愛国」という崇高な理想が、ややもすれば「贔屓の引き倒し」になってしまっているということを自覚すべきだろう。

 その昔、「天下の諤諤は君の一撃に若かず」「一発の銃声は十万の動員に優る」などと煽られたものだが、後進を導くべき指導者に恵まれない今どきの右翼人がテロや維新的行動を蹶起することはないだろう。

 国内で蠢く国賊共に天誅を与えたいと思ってるのは右翼ではなく、市井の民で、第二、第三の「建国義勇軍」というか「刀剣友の会」の様な、憂国の至情とか志を一にする仲間が惹起するのではないだろうか。

 原発事故以来「脱原発」や「反原発」運動を利用して、中核派などの左翼陣営は勢力拡大と資金力が増大しているという。右翼に足らないのはそうした資金力であるが、サラリーマンの延長でやってりゃ先細りになるのは当たり前。

 男女共同参画社会の年間10兆円と言われる膨大な予算は聖域化され、誰も手を付けられない現状だが、この予算からも相当な資金が左翼陣営に流されている。

 菅が極左団体へ数億円の活動資金を寄付したのも氷山の一角で、左翼陣営は潤沢な活動資金と政府中枢への蚕食が成功し、国家解体は想像以上に進んでいる。

 方や右翼人を見てみれば暢気なもので、総会屋右翼などと揶揄されながらも小銭を貯めた諸先輩、諸先生方は居の安きに甘んじ、固定資産税の支払いに汲汲し、「一日一生」とは名ばかりの状態というのが正直なところ。

 後進の育成を急がねばという奇特な人はいないし、行動者としての使命感は疾うの昔に忘れ去ってしまっている感じだ。こうした安穏とした状況下でカリスマ的指導者など現れることはないだろう。出でよ、平成の憂国の志士よ。我を導き給え。

cordial8317 at 06:54|PermalinkComments(0)