2012年03月

2012年03月30日

「遺恨あり!」死刑制度は「仇討ち禁止令」に代わるもの

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

 民主党政権下で二回目となる死刑執行が行われた。小川法相は会見で、「刑罰権は国民に在る。裁判員裁判でも死刑が支持されている」として死刑執行の理由を述べたが、至極当然のことで、執行停止や、死刑廃止を訴える連中は、「国際人権基準」がどうのだとか「非人道的」とか「生きる権利の侵害」だとか「死刑囚の資料を精査する十分な時間が有ったとは思えない」など、愚にも付かぬ理由ばかり。

 刑事訴訟法は、死刑確定から六ヵ月以内の執行を定めており、何れも六ヶ月以内に検察庁が法務大臣に「死刑執行上申書」を提出し、規定通り押印し、法相の命令から5日以内に執行されなければならない。「死刑制度」に替わる法律が無い以上、粛々と刑の執行をすべきだ。  

 抑々「死刑制度」は、「仇討ち禁止」や「決闘禁止」に代わるものだ。明治6年(1873)2月、司法卿・江藤新平は「復讐禁止令(仇討ち禁止令。太政官布告第37号)」を発令。幕末から維新期の派閥、政論の対立による暗殺とその報復という面があったところから、この種の紛争を断ち切る為のが目的だったというが、明治22年には「決闘罪ニ関スル法令」も発布され、敵討ちや復讐は禁じられた。

 主君や親兄弟などを殺した者を討ち取って恨みを晴らすことは、日本人の美意識の顕れともいえるが、江戸時代、武士階級で慣習として公認され、「敵討ち」と認められれば罪に問われなかったばかりか、それは美化され、大衆の支持を得た。現代も死刑制度を容認する国民が85.6%もいるのは、国が遺族に代わって遺恨を晴らして欲しいという気持ちの顕れだろう。

 「赤穂浪士の討ち入り」(忠臣蔵)などがその典型だ。「遺恨あり!」という映画を知ってるだろうか。江戸末期、親が藩の策謀で殺され、倅はやっとの思いで仇を討つが、それは明治の「仇討ち禁止令」後のことで、残念ながら罪に問われてしまう。実話に基いた物語で、実に見応えの有る映画ですので御覧あれ。

 犯人への「仇討ち」も「決闘」も出来ない遺族に代わり「遺恨を晴らす」ことが「死刑制度」の大きな意味だ。「生きる権利の侵害」などとくだらない理由で死刑執行しないのでは、それこそ遺族の無念は晴れることは無い。憲法下での「法の下の平等」を犯してるばかりか、刑事訴訟法の意味も問われかねない。刑事訴訟法に定められている様に、死刑執行は確定から六か月以内に執行すべきなのだ。


人気ブログランキングへ



cordial8317 at 06:14|Permalink

2012年03月22日

高校生の国歌独唱が「素晴らしい!」と評判になっている



 この時期、各地で卒業式、入学式が行われるが、それに合わせ、国旗「日の丸」、国歌「君が代」に反対する勢力も蠢き出すが、今年は橋下大阪市長の影響か、やはり自分の生活が大事らしく騒ぐ輩も例年より少ない様だ。

 日本に住んで、日本の恩恵を享けながら、日本に誇りも持てず、卑下する連中は実に見苦しいばかり。それも、未だに「君が代」「日の丸」に憎悪を抱いてる理由が米国の押し付けた自虐史観なのだから御粗末過ぎる(苦笑)

 選抜高校野球での広島音楽高校の野々村彩乃さんの「国歌独唱」が素晴らしいとネット上で評判になってる。この歌声を聴いて感動しない日本人はいないのではないだろうか。「国歌」「国旗」に反対している大馬鹿者も、野々村さんの歌声を聴いて己の幼稚で無知な軽挙妄動に恥入りなさい。

 「国旗・日の丸」「国歌・君が代」の意味を改めて考えてみよう。

 聖徳太子は隋へ、「日出づる所の天子、書を日没する所の天子にいたす、つつがなきや」の文書を小野妹子に託す。此れを読んだ隋は激怒するが、小国日本の存在を堂々と主張して見事に気概を示した。

 我が国は、ユーラシア大陸で最初に朝日を迎える国であり、稲作民族が日の神、天照大御神を崇め太陽信仰を持つのは自然で、国のシンボルに「日の丸」を執ったのも極めて自然なことだ。

 国の成り立ちや理想が、「日の丸」の旗ほど一致する国は無い。日の丸の赤丸は、太陽を意味し熟誠、活気、博愛、誠心誠意を現し、白地は清浄無垢を示し神聖、正義、純潔、平和、鎮静を現している実に美しい旗である。

 「君が代」は「古今和歌集」巻七「賀の部」の「わが君は千代に八千代にさざれ石の巖となりて苔のむすまで」の一首からの出典だ。

 この歌の本意は、大君の御代が栄えることを願ったもので、我が国は、天皇を族長と仰ぐ君民一体の家族国家であり天皇即日本、日本即天皇の天皇国家なのだ。

 この国體の精華は万邦類を見ないものであり、従って陛下の御代が栄えることは、即日本が栄えることである。実に「君が代」は、我が国體の精華を格調高く歌い上げたもので、その曲と相俟って厳粛にして荘重、世界に冠たる誇るべき「国歌」である。

 国旗「日の丸」、国歌「君が代」に誇りを持ちましょう!

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村



cordial8317 at 06:23|Permalink

2012年03月15日

世界に恥を曝した民主党政府

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

 政府主催の「東日本大震災一周年追悼式典」で、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦副代表が、企業関係者などの一般席に案内されるという冷遇を受けた。

 東日本大震災では、世界中から日本への救いの手が差し伸べられたが、その中でも、中華民国(台湾)からは200億円を超える義捐金が寄せられた。人口約2300万人ということを考えれば驚異的な金額だろう。だが、日本政府から台湾への感謝の言葉は聞こえて来なかったばかりか、またしても無礼千万な処遇に、日本国民の一人として申し訳なく思う。

 野田首相は、参院予算委員会で「本当に申し訳ない。深く反省したい」と陳謝したが、こうした行為に及ぶのは、未だ台湾を国家として認めていないという意思を中共に知らしめるもので、中共政府への忠誠そのものだ。今年から、必修科目に「武道」を取り入れ、「礼儀」を学ばせるというが、礼儀を学ぶのは、子供達より政治家の方が先だと感じる。

 昭和27年4月28日に主権を快復した同じ日に、中華民国への「報恩感謝」として日華国交条約の締結する。同年8月5日に発効した条約は、昭和47年、中華人民共和国との国交正常化交渉がなされると、日本政府は一方的に中華民国に対し「断絶」を通告した。

 旧ソ連から「日ソ中立条約」を一方的に破棄されたのと同じ蛮行を台湾にやったのだ。此の行為は、道義国家として赦されるものではない。爾来、台湾を国家と見做さない無礼千万な振る舞いを行っているが、日本人として恥かしい限りだ。

 昭和47年(1972年)9月29日、総理大臣・田中角栄は、北京で中華人民共和国との国交を謀る為に日中共同声明に調印する。「先の大戦で中国国民に重大な損害を与えたことに、責任を痛感し、深く反省する」との声明を発表。以後、日本は田中の声明を踏襲し、中共の走狗と化して行く。

 田中は、中国共産党政府を中国唯一の合法政府であると承認し、我が国が締結していた「日華国交条約」を破棄したが、此れは明らかな憲法98条違反なのだ。

 総理大臣が平然と憲法を蹂躙していながら、マスコミも政治家も此れを看過し沈黙した。護憲派からもこの憲法蹂躙問題が提起されたことはないが、現憲法が最早破綻している一例を示すものだろう。

 中共に媚び諂う我が国の弱腰軟弱土下座的外交姿勢は、チベットや西沙諸島、南沙諸島、或いはインドやカシミール地方で中共の無法、虐政に呻吟している国々にとっても落胆は隠せない。日本は何時の時代も希望の星でなくてはならないのだ。何時までも、中共如きに媚び諂っている場合ではない。

 政府主催の追悼式典には、御不例にも係わらず天皇皇后両陛下が御臨席なされた。両陛下が御退席される際、起立もせずに見送ったという。有ってはならないことだ。陛下の御苦労を理解せず、台湾への報恩感謝も出来ない民主党政府の目指す「復興」や「日本再生」が、真に日本の為になるとは思えない。

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村


cordial8317 at 06:12|Permalink

2012年03月09日

「陸軍記念日」に米国の大空襲は始まった!

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

 米軍による東京大空襲は昭和20年3月10日が最初で、日本の多くの家屋が木造だという理由から火炎の強い焼夷弾を投下した。この空襲で多くの一般市民が犠牲となったが、米軍は此れに飽き足らず、4月14日、5月25日にも空襲している。5月25日の戦災では、皇居にも及び、明治宮殿が全焼し、陛下の執務室や御所、正殿などの儀式殿を失った。

 昭和天皇は「御文庫」を仮の御所とされ、昭和36年に吹上御所に御移りになられる迄の17年間を御文庫で御過ごしになられた。戦争で疲弊した国民生活の向上が最優先との思し召しから、戦後も長きに亘って新宮殿の再建を御許しにならなかったという。大空襲以降も「国民と共に苦楽を分け合う」と仰せになられ、皇居から御移りになられることはなかった。先帝陛下の大御心を拝する逸話である。

 東京大空襲は、広島、長崎への原爆投下と同様、一般人を犠牲にした蛮行は断じて許されるものではない。マッカーサーの右腕の一人、ボナ・エラーズが、日本への空襲を「史上最も冷酷野蛮な殺戮」と証言しているが、大空襲や原爆投下、ドイツのドレスデン爆撃は「国際法違反」の代表的例だ。

 東京裁判で連合軍は、東京への爆撃は「重慶、南京の日本軍のよる爆撃への報復」と詭弁を弄したが、未だ国内でも、こうした米国のプロバカンダを信じ、「日本が戦争さえしなければ空爆されなかった」といった、自虐史観が散見されるのは困ったものだ。
 
 東京大空襲が決行された3月10日は「陸軍記念日」。日露戦争最後の陸上戦「奉天会戦」が、大山巌陸軍大将指揮下断行され、明治38年3月10日に勝利を収め、翌年、3月10日を「陸軍記念日」として制定し、爾来3月10日は国民挙って先人の偉業を称え、御祝いする日だったのだ。

 米軍は敢えてこの3月10日を選び攻撃して来たのだが、こうした事例は枚挙に遑なし。極東軍事(東京)裁判では、所謂A級戦犯の方々が「死刑」判決を言い渡された日は、「天長節」の4月29日。処刑日は当時の皇太子殿下の御生誕日の12月23日に執行されている。

 日本人に対し未来永劫、贖罪意識を植え付けるのが目的だったのだが、こうした米国の意図は予想以上に成果を上げ、今や日本は「同盟国」とは名ばかりの「米国のポチ」として忠誠を誓っている始末だ。世界情勢が大きく変わろうとする今こそ、現憲法を破棄し、帝国憲法を復元・改正し、米国依存から脱却を急ぎ、国防体制の強化こそ急がねばならない。 

人気ブログランキングへ

cordial8317 at 11:11|Permalink

2012年03月04日

「女性宮家」創設問題に思う

にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
にほんブログ村

 本日、陛下が御退院なされる。臣民にとって実に喜ばしいことだ。御退院後も無理をなされず、御快癒されることを祈らずにはいられない。

 最近、「女性宮家」の問題などで、陛下の御病状を理由に、「陛下の御公務を軽減させる為には必要」との意見が散見するが、女性宮家を創設したところで、陛下の御公務が減ることはない。

 天皇の「国事行為」について、憲法は、首相の任命、憲法改正や法律の公布、外国大使らの接受等を定めているが、「公的行為」は憲法に明文化されておらず、親善目的の外国要人との謁見が含まれるとの解釈が一般的だ。

 天皇は憲法上の制約から、国事行為として「国会の開会式」「首相や最高裁長官の親任式」「大臣の認証式」など年間約60回、国賓・公賓への接遇や会見、会食などの御公務を約170回お努めになられる。

 こうした、憲法上の御公務を、憲法議論もせずに、「女性宮家」を創設すれば軽減出来るなど、本末転倒であり、まやかしでしかない。

 天皇にとって大事なものは「祭事」であり、歴代天皇が古来より司って来た「祭事」は、現憲法によって天皇家の「私事」になってしまい、皇室典範の「大嘗祭」の規定は最早存在しない。「女性宮家」を創設したところで、こうした陛下の「祭事」を減らすことは不可能なのだ。

 天皇の祭事は、元旦早々の「四方拝」から始まり「歳旦祭」「元始祭」や毎月の旬祭など、年に50回程に上るが、こうしたものは公的行為ではない。

 「国安かれ民安かれ」と国家国民の安寧を祈る存在こそが天皇であり、本来は、国事行為や公的行為よりも優先されるべきものなのだ。

 「高齢になられた陛下の御公務の軽減を」とか、「陛下の御意見を聞くべき」だとか、尤もらしい意見で国民を誑かし、「此の儘では男子皇族が維持できない」とか、「時代の流れに合わせ変えるべきだ」との意見まで出る始末。絶対に変えてはならぬものが「皇統」であり「祭事」なのだ。

 「時代にそぐわない」という理由で、無くなりつつあるのが「元号」で、今や西暦表記が中心で、かぎ括弧で(平成)と併記しているのは未だしも、併記もしない場合も少なくない。

 「元号が無くても不自由はない」「元号は時代に合わない」との愚論で既成事実化を謀っているが、保守を自任する方でも、こうしたトリックに嵌っている人も少なくない。

 「節気」の習俗を時代の流れに応用したのが「元号制」の智慧であり、此れこそが日本文化を象徴するものだろう。

 西暦が世界で一般化しているとして、恰も元号が古臭く「時代遅れ」だとして反対を唱える大馬鹿者がいるが、明治に開国し、西暦を採用し混乱の中でも元号を捨て去らなかったのは、「大化の改新」の昔から日本の国民生活に深く定着していたからだ。

 聖徳太子の時代より歴代の天皇は、数年から10年を目途に改元して巧みに時代展換をしてきた。孝明天皇は、御在位21年間に、嘉永、安政、万延、文久、元治、慶応と6回も改元された。混乱の時代を如何に転換させるかの苦衷の表れであろう。

 東日本大震災という未曽有の経験をした今、「平成」の元号を改元なされ、国内を覆う重苦しい閉塞感と、噴出する戦後体制の諸矛盾を打開し、転換点にするのも善い様な気もする。


人気ブログランキングへ


cordial8317 at 07:57|Permalink