2010年12月

2010年12月27日

酒は飲むべし、酒は飲むべし

 土曜日は、数年ぶりに邂逅した友人から「是非、連れて行きたい居酒屋が在る」というので出掛けた。場所は東京赤羽。連れてって貰った店の名前は「米山」。

 中々マニアックな店で、開店は6時15分。この一回目の開店時に入れないと、次に入れるのが8時半以降の完全総入れ替え制となる。

 七時半に到着し、二回目の先頭に並ぶ。寒風吹き荒ぶ中、久しぶりの再会で話も弾み、待ち時間を感じさせないが、8時半過ぎになっても入れる気配無し。9時過ぎに漸く入店。店には何やらルールが有るらしく、注文は連れにお任せ。

 先ず飲み物は「ホッピー」を注文。次にメニューだが、焼きトン中心で、生、半焼き、焼きが有り、レバー、タン、ハツの生とレバー、カシラ、ハラミ、ハツの半焼きとつくねとあぶら、タマネギ和え(合え)、おしんこ、肉豆腐を注文。

 ホッピーを飲み、暫しすると刻み葱とニンニク(ニンニクか生姜を選ぶ)が盛られた皿が運ばれ、生の肉が乗せられる。コレが絶品。こんな豚の生肉は食べたことが無い。お好みで胡麻油、醤油、塩で味付けして食べる。

 生肉の次に半焼きの品々。生も旨いが、半焼きのカシラとハラミも最高。つくねがこれまた絶品で、スパイシーな味付け。つくねは超稀少メニュー。

 愚生的には、浜松町の「秋田屋」、蒲田の「八幸」が最高峰だと思っていたが、ここ「米山」も引けを取らない逸品で、それどころか一番美味しいかも知れない。

 このつくねを目当てに来る客が多いと言うのは頷ける。二本ずつ頼んだが、「今日は一本しか出せない」との事。でも一本だけでも食べられただけラッキーだった。

 ホッピーを二杯飲んでから、グレープフルーツ割りを頂く。連れはトマトジュース割りにタバスコを少々。ここの焼酎は凍らせて細かく砕いたのを入れるので、氷で薄くなるという事が無いから兎に角酔っ払う。

 美味しいからと調子に乗って飲んでいると数時間後にはエライ目に遭うから注意が必要だ。最後の肉豆腐が出て来た頃にはかなり酔った。

 肉豆腐は〆として御飯に掛けたら最高だろうなと思いながら、待ち時間を含め3時間の愉しい時間はあっと言う間に終了。

 この店の名物の「あっさり煮込み」「水餃子」「マカロニサラダ」は売り切れて食べられなかったのが残念だったが、次回の裏返しの際には絶対夕方に参上し、完全制覇(コンプリート)したいと思っている。(笑)

 師走に入り「忘年会」やら「納会」やら「クリスマス」に託けて酒を飲む機会が多くなるが、酒を飲むならやはり愉しく飲みたいものだ。

 牡丹花肖柏(ぼたんかしょうはく)の詩に「我仏 隣の宝 婿舅 天下の軍 人の善悪」という一首がある。要は、人の集まる所で口にしてはならない教えなのだが、酒席では中々そうは行かない。

 酒席での人の悪口くらい盛り上がるものはないから、困ったもので悪口をつまみについつい呑み過ぎてしまう(笑)

 坂本竜馬の詠んだ詩に「酒は飲むべし酒は飲むべし 人生唯酒ありて肝を開く 酔中の快楽人知るなし」というものが有るが、酒に関する詩ではこれが一番好きだ。

「飲酒詩」の中でも漢詩には「月下独酌」など浪漫を感じるものが多いが、漢詩というのは愚生にはチョッと敷居が高過ぎる。

 盃に月や菊や桜の花弁を浮かべたり。此れにはビールや焼酎、ウイスキー況してや老酒や紹興酒では興醒めで、やはり日本酒が一番合うと思う。

 晩酌には、故郷二本松の地酒「大七」の純米酒を錫の徳利に注いで、同じ錫の盃に注ぎチビリチビリでやっている。この酒は熱燗が合うが、面倒なのでの今の時期は冷や(常温)で飲む。夏場は冷やして。

 冷酒には「涼冷え(15度前後)」「花冷え(10度前後)」「雪冷え(5度前後)」と呼び方も様々だが、こんな細かなことをしてる酒屋は無い。

 燗酒も同様で「飛び切り燗(55度前後)」「熱燗(50度前後)」「上燗(45度前後)」「ぬる燗(40度前後)」「人肌燗(37度前後)」「日向燗(33度前後)」。ここまで来ると酒も哲学だな。

 他にも日本酒は、色や香り酸味や日本酒度で呼び方が違うと言うから実に奥が深い。福島県内、特に会津地方には日本酒の酒蔵も多く、そうしたこともあり毎月25日を「会津清酒の日」と定めている。

「酒は二合が適量」と言う事で25らしいが、日本酒を飲む時に欠かせないのが「やわらぎ水」。唯の水だが侮る勿れ。やわらぎ水を傍らに適量の飲酒を心掛ければ海老蔵の様な失態は免れるかも知れない。

 会津の地酒「栄川」を愛した最後の浪人・阿部勉が「数々の過失は酒と共にあり その酒抱きて今日も堕ちなん」と詠んだが、阿部さんも「やわらぎ水」を傍らに置いて飲んでいたらチョッとは違っていたかも知れない。

「我死なば 火には焼ぶすな 栄川の二級に浸して 深く埋めよ」とは阿部さんの辞世の句だ。酒での失敗は数知れないが、それよりも酒で得る事の方が遥かに多い。やはり「酒は飲むべし、酒は飲むべし」とは蓋し正論。呵呵。

cordial8317 at 10:35|Permalink

2010年12月15日

硫黄島訪問での高松宮宣仁殿下の秘話

 菅首相は昨日、硫黄島を訪問し遺骨収集作業を視察した。自らも遺骨収集に加わり「遺骨を家族の待つ地に返すのは国の責務。一粒一粒の砂まで確かめ、一人でも多く帰還出来る様に全力を尽くす」と視察後の追悼式で挨拶した。

 収集前、菅は跪き両手を合わせ合掌し頭を垂れる。しかし、善く善く見れば軍手をした儘で遺骨が埋もれている場所で拝んでいる姿には違和感を覚えた。

 人は遺骨の上を歩かない。此れは古来の日本人が厳しく護って来た道である。昭和47年(1972年)、高松宮宣仁殿下が硫黄島へ行かれた際の秘話が有る。

「壕の中に折り重なっていた遺骨は片付けたが、未だ遺骨が散らばっていた。壕の中に案内された宮様は、ハッと息を呑む気配を御見せになり、やがて地べたに正座し、両手を着き首を垂れ瞑想状態に入られた... 別の壕では靴を脱がれ素足で骨片の散らばる壕内に入って行かれた・・・」

 素足で歩かれ視察したのは、唯一高松宮殿下一人だったという。菅にも素足でやれとは言わない迄も、せめて軍手を脱いで合掌するべきだったろう。

 遺骨収集を否定するものではないが、集めた遺骨や残る全ての遺骨を千鳥ヶ淵墓苑に埋葬するのだろうか。そうとは思えない。

 多くの遺骨で手狭となったと言う理由で、千鳥ヶ淵墓苑や靖国神社に代わり「国立戦没者追悼施設」の建立を企てるのではなかろうか。

 日本政府が、先の大戦で犠牲となった方々の鎮魂の為に建てた慰霊碑はアジア各国やロシアに点在している。インパール作戦での日本兵の霊を鎮める為に、数年前、インドのレッドヒルの近くに慰霊碑を建立した。

 しかし、此処を訪れた人は皆愕然とする。施設のコンクリート床は手抜き工事で大きく傾き、薄汚れ、驚くことに肝心な慰霊碑が無いと言うのだ。

 シベリア抑留の帰還船が出たナホトカにも慰霊碑が在る。亡くなられた方々の霊を慰める為の碑なのだが、一般の人の墓と同じで実に安っぽく「日本人墓地」と書かれたそれは、とても悔し涙を飲んで亡くなった同胞を慰霊するものではない。

 政府に英霊への尊崇の念が無いから、魂の無い形だけのものになってしまうのだ。数年前に友人らと戦跡慰霊でサイパンを訪れた事が有る。

 日本政府の建てた慰霊碑は確かに存在してるが、やはり手入れが行き届いておらず寂しい佇まいをしていたのを思い出す。

 異国の地や激戦地で斃れた方々は、祖国の為、家族を守る為、アジアの独立の為という大義に殉じたのだ。屍は此処に草生すとも「靖国で会おう」との言葉を残し散って往った魂は今、靖国に還り、滔滔と生き続けているのだ。

「国立戦没者追悼施設」より、靖国神社を国の責任で護持し、国民挙って護国の英霊に感謝し、崇敬の誠を捧げる事こそ有要である。

『精魂を込め戦いし人未だ地下に眠りて島は悲しき』(御製)

cordial8317 at 09:32|Permalink

2010年12月12日

一兵卒が国会審議の妨げに

 民主党執行部は、小沢一郎を政倫審に招致する方針を固めた。小沢の政治とカネの問題で国会審議が遅れているが、「一兵卒として党に尽す」筈の小沢が幹事長に逆らい、国会審議の妨げになっているのだから滑稽と言う他無い。

 幹事長の再三の面会要求を拒み続けているが、党を仕切る幹事長が一兵卒議員に会えない状態は、岡田ならずとも「チョッと異常な事態」を通り越し、最早壊滅状態で、遅かれ早かれ民主党は瓦解するだろう。

 当の小沢は相も変らず「自分の姿勢と政治生活に於いて一点も疚しい事は無い」と堅白同異の弁を垂れ流し、更に白々しくも「今や一兵卒だが、多くの仲間と力を合わせ民主党政治を成功させる為に全力で頑張る。

 もう一度、国民の期待に応えられる様な民主党政権にしなければならない」と宣っているが、その一兵卒が民主党政権の支持離れと党を瓦解させる最大要因になっている現状には気付いていない様だ。

 政治資金規正法は議会制民主主義の根幹を成す法律であり、政治資金の実態を偽ることは、国民を欺いて政治判断を歪めることに他ならない。

 法律を作る側の国会議員が、その法律の抜け道を巧妙に掻い潜り不動産購入や蓄財に充てる事が有ってはならないのだ。

 検察審議会の「起訴相当」の判断に、小沢は「今後は裁判の場で私が無罪で有ることが必ず明らかになるものと確信している」と悪怯れた様子もないが実に見苦しい。

 検察審議会が「本人の供述は極めて不合理で不自然」と断罪し「起訴相当」と議決した様に、多くの国民も又政治とカネの問題が解決したとは思ってはいない。

 小沢は先の代表選で「政治とカネの問題から逃げない」と大見得を切ったが、ならば堂々と政倫審に出席すべきで、高が政倫審如きに何をそんなに怯えているのか。

 民主党議員には小沢に阿諛追従するクソ議員も多く、自浄能力の無さと政権担当能力の無さを露呈するばかりだが、党利党略を優先し、大連立構想に狂奔している野党議員にも呆れ果てて返す言葉も無い。

 此処一週間の動きを見ても読売の渡辺に嗾けられ、鳩山兄弟やら舛添やら与謝野、自民党の谷垣や森らが密談しているが、こうした旧態依然の政治手法は国民に疎んじがられるばかりではなく、単なる野合は国益を害するだけだ。

 小沢の師である田中角栄も金丸信も晩年は「政治とカネ」で失脚した。小沢は、政治力では田中や金丸に及びはしないが、政治家としての末路は同じだろう。歴史は繰り返されるのだ。いっそ醜態を曝す前に潔く引退した方が身の為だ。

cordial8317 at 10:52|Permalink

2010年12月09日

連日、海老蔵事件ばかりが報道されるが

 連日マスコミでは半グレのリーダーにボコボコにされた市川海老蔵の事件ばかりが取り上げられ、緊迫する朝鮮半島情勢や政治の話題は二の次の様だ。

 ドサクサに紛れてやるのが日本の政治の常套手段で、読売グループの渡辺がしゃしゃり出て谷垣や鳩山由紀夫と会談し「大連立構想」の姦策を巡らせている。

 自民党の森が待ってましたとばかり、首相官邸に出向いて何やら密談して来た様だが、こうした旧態依然の政治手法は国民から総スカンを喰らうのは必至だろう。 

 菅は小沢の国会招致問題に絡み、衆院政治倫理審査会での招致議決指示した。此れに小沢チルドレンら小沢支持派が強く反発し、仙石の辞任を要求したと言うが「目糞鼻糞を笑う」とはこの事で、民主党は最早壊滅状態に違いない。

 当の小沢は、党内事情を他人事と捉え相変わらず政界再編を睨み策謀に奔っているが、小沢にしろ読売の渡辺にしろ、悪しき輩は早く引退して欲しいものだ。

 昨日、元横綱朝青龍の傷害容疑が起訴猶予となった。横綱審議委員会から「引退勧告」を出され、落涙し引退を決意したことは記憶に新しい。朝青龍が自ら引退表明した同じ日、政治資金規正法違反に問われていた小沢に不起訴の判断が下された。

 不起訴処分とはなったが、嫌疑不十分で罪に問うには証拠が少ないと言うだけの話しで、無実となった訳でもないし、政治的、道義的責任は拭えない。

 政治資金規正法は議会制民主主義の根幹を成す法律であり、政治資金の実態を偽ることは、国民を欺いて政治判断を歪めることに他ならないのである。「天網恢恢疎にして漏らさず」の譬え通り、小沢は国民審査会で処分が下されるだろう。

 政治家に横綱の様な品格や礼節を求めるのは無理な話かも知れないが、政治とは最高の倫理であり、最高の道徳でなくてはならないのだ。

 そう考える時、恬として恥じる事無く居座り続ける政治家どもには、国民挙って「引退勧告」を突き付けるしかない。

cordial8317 at 08:49|Permalink

2010年12月07日

やはり12月8日は忘れられない

 存在と存亡を賭けて戦った大東亜戦争は、アジア諸民族の独立と復権を齎した。日本は結果的に敗れはしたが、アジアの「希望の星」の役割は見事に果たした。タイのククリットプラモード元首相が実に解り易く述べている。

「日本のお蔭でアジア諸国は全て独立した。日本というお母さんは難産して母体を害なったが、生まれた子供はスクスク育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米・英と対等に話が出来るのは一体誰のお蔭であるのか。それは身を殺して仁を為した日本というお母さんが在った為である。12月8日は、一身を賭して重大な決心をされた日であり、我々は決して忘れてはならない」

 米国では12月7日(現地時間)を汚名の日「リメンバーパールハーバー」とし、日本を卑怯な国として糾弾して止まない。65年以上経っても依然として我が国は「騙まし討ち」の汚名を着せられ続けている。

 汚名を着せられた原因には駐米日本大使が宣戦布告の覚書を渡し遅れた職務怠慢に他ならないが、抑抑、何故、開戦を決意し真珠湾攻撃に至ったかが問題で、それには1953年のペリー来航時代迄遡らなければ理解出来まい。

 日本は強力な中央集権国家を形成しようと明治維新の大業を成し遂げる。15世紀の大航海時代以来、白人による世界制覇の波がアジアにも押し寄せる。

 アジアは次々と列強に蚕食され日本とシャム王国(タイ)を除き植民地となった。その後の日清、日露戦争も避けては通れない宿命的な歴史だったのだ。

 日清、日露戦争での日本大勝利の報は、固唾を呑んで見守っていた世界の人々を驚嘆させ、特に有色人種に与えた影響は強烈だった。日露戦争勝利から15年後、パリ講和会議で日本は「人種平等の原則」を国際連盟規約に載せることを提案する。

 しかし、議長を務める米国大統領ウイルソンが拒絶し否決される。「有色人種に人権など必要無い」との差別が横溢していたのは明らかだった。

 その後世界は第二次世界大戦に突入し、日本もABCD包囲網や最後通牒を突き付けられ、最早生き残る道は連合国との戦争しかないとの決断に至る。

 昭和26年(1951年)にマッカーサーが上院軍事外交委員会で言明した様に「日本が戦争に飛び込んで行った動機は、安全保障の必要に迫られた為である」と告白している様に、日本は決して騙まし討ちも、侵略もしていない。

 日本は敗戦したが、大東亜戦争後アジアは独立し「人種平等の原則」は成立した。その事実をして如何に大東亜戦争が聖戦だったかが理解出来よう。

 昭和20年9月2日、戦艦ミズーリの甲板上で重光葵外相と梅津参謀総長が降伏文書に調印する。上海爆弾事件で右足を失った重光全権は、ステッキを頼りに義足を引き摺りながら喘ぎ喘ぎ上る。調印を前に一杯の水を所望するが、冷たく拒否された。

 卑怯者の「ジャップ」にやる水などないという憎悪が目に見える。今も糾弾して止まない「リメンバーパールハーバー」も日本人への偏見と差別なのだろうが、先の大戦の間違いを反省すべきは日本ではなく米国である。

 昨年の12月8日未明、嘗ての兄貴分であり、上司であり、盟友だった對馬則政が幽冥界を異にした。やはり12月8日は忘れられない。 合掌

cordial8317 at 11:28|Permalink

2010年12月06日

そうか、槙枝が死んだか

 国士舘大学に入学して間もなく行動右翼・防共挺身隊に入隊した。昭和54年の頃だ。当時の右翼団体の活動の最たるものは「日教組撲滅」で、全国で開催される日教組大会には全国の右翼団体が挙って結集し抗議行動を行った。

「日教組粉砕!」「槙枝殺せ!」と咽喉が掠れるのも忘れ絶叫したのが今では懐かしい。その時代、日教組の委員長だったのが槙枝元文だった。

 槙枝が日教組委員長を務めていたあの時代が最も教育界を蝕んだと言っても過言ではないだろう。その槙枝が亡くなり、感慨深いと言うより、天罰を下されるべき国賊が未だ生きていたのかと言うのが正直な感想だ。

 日教組が全教と袂を分かち、壊滅すると思いきや、今や政権与党に巣食い、国家を蝕んでいるのだから世の中何が有るか分からない。 

「ミスター日教組」に代わり「日教組のドン」「参院のドン」と称される輿石東参院議員が民主党内の左派を束ね、日本労働組合総連合(連合)との関係を深めている事実に危機感を持つ国民は多い。党内実力者は小沢ではなく輿石なのだ。

 輿石は過去の選挙で、山梨県教組の関係者が「教育公務員特例法」と「政治資金規制法」で逮捕され有罪判決を受けても関係を全面否認し、未だ責任を取ってはいない事を見ても姑息なジジイと言う他無い。

 神奈川県と山梨県の小学校教諭や山梨県教組執行委員長を歴任した輿石は、日頃から「永遠に日教組の組合員であるという自負を持って、日教組と共に戦って行く」だとか「教育の政治的中立は有り得ない」と宣っている。

「教育基本法違反」を公然と勧めるその精神異常さは、槙枝同様死んでも治らないだろう。輿石は、日教組の反日思想を政治の場に持ち込み、日本を罵り、蔑み、貶め、自虐史観の限りをぶち挙げ、売国法案の早期成立に躍起だ。

「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法案」もその一つで、此れを早期に成立させ、元売春婦らへの国家賠償を企み、日本の戦争犯罪を正当化させ、自虐史観に基づく教育の徹底を謀っているが断じて阻止せねばならない。

 民主党政権下で、国のカタチが大きく変り、国家の大本である教育が大きく転換され、日教組の「反日」「自虐」史観に基づく学校教育が大っぴらに行われ、益々教育荒廃が進んで行くのを傍観し拱手している訳には行かない。

 やはり日教組は日本国内に巣食う「癌」であり、これを抉り出し、粛正しない限り教育の正常化など有得ない。歴史・伝統・文化を否定し国家解体論を標榜する日教組や全教といった売国勢力を撲滅しよう。

cordial8317 at 07:29|Permalink

2010年12月04日

軽々しい言動を厳に慎め

「議会開設120年記念式典」に際し、壇上で起立のまま天皇、皇后両陛下の入場を待たれていた秋篠宮両殿下に対し、民主党の中井洽が議場から不謹慎且つ不適切な言動をしたことが多くの国民から批判を浴びている。

 日頃から皇室の存在を軽々しく思っているからついついこうした言動をしてしまうのだ。国民としてに実に不快感を覚える。

 蛆虫共産党は、天皇の存在を憲法違反として、「天皇制打倒」を標榜し、陛下が御臨席なされる国会の開会式や式典は欠席する。

「主権である我々国民が反対しているから国民の総意ではなく、天皇は憲法は違反」との屁理屈は、まともな日本人には受け容れられるものではい。日本国内に巣食う、こうした国賊は一掃すべし。

 天皇は憲法上の制約から、国事行為として「国会の開会式」「首相や最高裁長官の親任式」「大臣の認証式」など年間約60回、国賓・公賓への接遇や会見、会食などのご公務を約170回お努めになられる。

 本来、天皇にとって大事なものは「祭事」であり、「国安かれ民安かれ」と国家国民の安寧を祈る存在こそが天皇なのである。

 本来は祭事は国事行為より優先されるべきものでなくてはならないのだ。歴代天皇が古来より司って来た「祭事」は、現憲法によって天皇家の「私事」になってしまい、皇室典範の「大嘗祭」の規定は最早存在しない。

 現憲法は歴史的な国家としての継続された「祭祀」に関する天皇の役割を否定しており、未だ占領政策の「神道指令」の呪縛が解除されない儘なのだ。

 この事実をしても現憲法は日本の最高法規としては相応しくなく、早急に破棄し、日本人の手で日本人の為の憲法を創るべきなのだ。

 天皇の祭事は、元旦早々の「四方拝」から始まり「歳旦祭」「元始祭」や毎月の旬祭など年に50回程に上る。祭儀や国事行為など、陛下の激務の御苦労を理解していない故に「早く座れよ」などと言う失言が口を衝いて出るのだ。

 国民の代表である政治家は当然、民草の一人一人が、天皇と皇室が歴史の中で果たして来られた役割や、在り方を確り学ぶ事が大事である。

cordial8317 at 12:48|Permalink

2010年12月02日

旧暦では今日が大晦日

 日本が開国して間もない明治5年(1872年)、それまでの月の満ち欠けを中心にした太陰暦を切り替え、太陽の一太陽年を基準とする太陽暦のグレゴリオ暦を採用すると発表。明治5年(1872年)12月3日を明治6年の「元日」と決めた。つまり旧暦だと、今日12月2日が「大晦日」だったのだ。

 旧暦では、一年が13ヶ月。それが12ヶ月になるのだから、大きな混乱や支障を生じたのは想像に余り有る。今では当り前の様に使っている西暦だが、これは知っての通り、キリスト教に基くものだ。暦というのは宗教と歴史が関連するものであり、国が変われば暦も様々なものが使われている。

 では一体西暦2010年は夫々何年になるのだろう。イスラムでは太陰暦を使い、マホメットのメディナ遷宮から数えて1431年。タイでは御釈迦様の没年から数える仏暦を用いているから2553年。

 ユダヤ教では天地創造を起源とするユダヤ暦だから5769年。因みに北朝鮮も金日成の生誕から数え、主体(チュチュ)100年だ。

 本来なら日本は、神武天皇御即位の年を紀元とされる皇紀を用いるべきで、皇紀は実に2670年の輝かしい歴史である。

 暦とは別に、日本には元号が在る。節季の習俗を時代の流れに応用する先人の智慧だ。此れこそが日本文化を象徴するものだろう。

 西暦が世界で一般化しているとして恰も元号が古臭く時代遅れだとして反対を唱える大馬鹿者がいるが、明治に開国し、西暦を採用し混乱の中でも元号を捨て去らなかったのは、大化の改新の昔から日本の国民生活に深く定着していたからだ。

 聖徳太子の時代より歴代の天皇は、数年から十年を目途に改元して巧みに時代転換をして来た。孝明天皇は、御在位21年の間に「嘉永」「安政」「万延」「文久」「元治」「慶応」と6回も改元された。混乱の時代を如何に転換させるかの苦衷の表れである。

 師走に入り、街はクリスマス商戦一色だ。天皇陛下を戴く日本にはそぐわない景色だが、日本人はクリスマスでキリスト生誕を祝い、大晦日は寺で除夜の鐘を撞き、元旦には神社に初詣に出掛け、年賀状には元号を記す。実にいい加減、否、実に大らかな民族なのだと思う。

cordial8317 at 08:34|Permalink